ライフステージも考えてドッグフードを選ぶ

ドッグフードを購入する時に、例えば店頭などでよくライフステージによって色々なドッグフードを見かけることもあるかと思いますが、ライフステージによってドッグフードは切り替えた方がいいのでしょうか。このような疑問を抱えている人は多いかと思いますが、実際のところはどうなのでしょうか。

まず、一般的に犬のライフステージは大きく分けると0歳から12か月以下の成長期、1歳から7歳以下の成犬期、7歳以上の高齢期の3つに分けられます。これらのライフステージに分けられています。その成長段階に合わせてドッグフードは切り替えた方がいいのです。基本的にライフステージ別に作られているドッグフードは栄養バランスなどもそれぞれのライフステージに合わせて作られているので、より健康的な生活を送ることができます。

例えば成長期では高カロリーのドッグフードを与えた方が健康にはいいですが、逆に高齢期に与えてしまうと肥満などの原因になることがあります。高齢期だからと言って穀物類だけのドッグフードを与えるのはよくありませんが、高齢期に合うドッグフードを与えることは大切です。それぞれライフステージによって必要な栄養素が異なるので、ドッグフード選びはライフステージについても考えながら選ぶといいでしょう。